top of page

【リノベの内装のヒント】モールテックス


リノベの内装のヒントモールテックス

リノベーションの楽しみは、内装もインテリアも間取りも自分好みにコーディネートできるところ。ですがいざ、内装を選ぶ段階になると何を選んだらいいのか?選んだものが本当にイメージどおりに仕上がるのか?そんな不安やどきどきを感じたりします。


もしくは、イメージ写真をスクラップしてもこれって何でできてる?というような名前がわからない。なんてこともあるかもしれません。


【リノベの内装のヒント】シリーズでは、そんなモヤモヤを解消するべく人気の内装をご紹介していきます。第1回目は「モールテックス」のご紹介。



目次


1.モールテックスはコンクリート調の仕上げの左官材


モールテックスはコンクリート調の仕上げの左官材

モールテックスは、ベルギーのBEAL社が開発した薄塗りの左官塗材のことです。

モールテックスはモルタルとほぼ同じ材料でできていますが、さらに特殊な樹脂を混ぜて作られます。モルタルと比べると滑らかで艶があります。


モルタルと一緒ならわざわざ作らなくてもいいんじゃない?と普通の人は思うはず!ですが、モールテックスはモルタルやコンクリートで施工した時に経年劣化として現れるデメリットを解消した材料として人気が出ています。



2.モルタル(コンクリート)仕上げのデメリットを解消し人気の左官材


モルタル(コンクリート)仕上げのデメリットを解消し人気の左官材


そもそもモルタルとコンクリ何が違うのか。簡単に説明すると、


柔軟性は モルタル > コンクリート

強度面では コンクリート > モルタル


この特性を活かし、モルタルはレンガの下地材、コンクリートは柱や梁として使われていました。



リノベーションでは最近キッチンの仕上げをコンクリート調キッチンなどするのが人気ですが従来のモルタルやコンクリートでは、水を吸収したりヒビが入るなどの劣化が起きてしまいます。


モルタルが水を吸収する性質を持っているのに対しモールテックスは水を通さず溶けないという性質を持つため、シャワールームや洗面台、キッチン、プールなど屋内外問わず使うことができます!

樹脂を混ぜることによって粘着性・柔軟性が増し、さらに耐久性、防水性、デザイン性を兼ね備えた塗材へと変身したのがbモールテックスなのです!色も60種類以上あり、自分好みに彩ることができます!https://www.menjo.co.jp/sakan/mortex/pdf/NUANCIER_VERSION_WEB_light.pdf


3.モールテックスのメリットとデメリット


モールテックスのメリットとデメリット

● 防水性

先程説明したように、モールテックスは水を通さず溶けないという性質をもっており、キッチンや洗面所など水回りにも広く採用されています。



● 耐久性


モールテックスの耐久性

わずか2~3mmの厚さで塗られるモールテックスですが、その表面強度はなんとコンクリートの5倍!曲げやたわみにも強く、クラックもほとんど入りません!

万が一ひび割れが発生した場合、モールテックスではなく下地自体のひび割れや伸縮に追従してひびが入ってしまっている可能性が高いので、業者さんに確認してもらいましょう!

● 接着性/柔軟性

接着力が強くどんな素材にも塗りつけることができるため、タイルなど既存の下地の上から直接塗ることも可能です。

既存の下地処理の手間を省けることでゴミが出にくくなるというメリットもあります。


● デザイン性

モールテックスは、デザイン・カラーのバリエーションが豊富なのも特徴です。

ベースの色は白。そこに専用の顔料を混ぜることによって鮮やかな色が生み出されます。

標準のカラー64色に加え、さらに色調に変化を付けることも可能です。


デメリット

● 費用が高い

モールテックスは、塗装・乾燥・2度塗り・研磨・オイル/ニス塗布…と施工工程が複雑な上に認定を受けた職人しか扱うことがでません。手間暇をかける分、費用は少しUPしてしまいます。z

● 完成までに時間がかかる

先程説明したように、モールテックスは通常の左官仕上げと比較すると施工工程が複雑です。また、冬は気温が低いため乾燥に時間がかかる等の状況による施工判断が必要となります。事前にリノベーション会社さんに施工が可能か確認するのもひとつです

● 定期的なメンテナンス

耐久性や防水性に優れているモールテックスですが、全くメンテナンスがいらないというわけではありません。

美しさを保つためには定期的にオイルやニスを塗り直すなどの定期的なメンテナンスを行い、よりきれいに保てます。定期的なメンテナンスは施工会社さんにご相談をすると適切なタイミングでお手入れをしてくれるのでお問い合わせするのも一つです。



まとめ

人気の無機質なコンクリート仕上げ。一見やり方は一つにしか見えなくても今はいろいろな材料があります。それぞれのメリットデメリットをしっかり知って、ご自身の生活やライフスタイルに合ったものを選べるといいですね。







bottom of page