top of page

【住み替えるから考える】ウォークインクローゼットの必要性


【住み替えるから考える】ウォークインクローゼットの必要性

自由に間取りが考えられるリノベーションだからこそ、一つとして挙げられるのがウォークインクローゼット。リノベーションを機に取り入れたいと検討している方もいるのではないでしょうか。


大容量の収納

部屋の有効活用

収納の便利さ


多くメリットはありますが、間取りや広さの計画を誤ると逆に不便さを感じてしまうことがあります。今回はウォークインクローゼットの特徴とおすすめの設置場所、設置する際の注意点についてお伝えしていきます。




目次




1.ウォークインクローゼットを設置するメリットデメリット


1.ウォークインクローゼットを設置するメリットデメリット

■メリット

・場所を無駄なく使い最大限収納ができる

各部屋に収納を設置する場合、半端なスペースが余ってしまったり、頭上より上の収納は使いにくく結局物置になってしまったりしているかたが多い反面、広く部屋を確保するウォークインクローゼットは、洋服はもちろんのこと普段はあまり使用しないキャリーケースや家電なども十分に収納できます。荷物が多い方や家族の人数が多い家庭には重宝します。


・部屋内で身支度が出来る

ウォークインクローゼットはその名の通り人が歩ける広さがあり、着替え場所としても利用できます。上着やアクセサリー、帽子なども一緒に収納しておけばクローゼット内で身支度が完結できます。クローゼット内で着替えられることで部屋に洋服を一時置いておくなど散らかることも防げる為お部屋も綺麗に保ちやすいのが特徴です。



■デメリット

・広いスペースが必要となる

ウォークインクローゼットは収納スペースの他に人が出入りできるような広いスペースが必要です。


・物を詰め込み過ぎて物置状態になる

ウォークインクローゼットは大容量を収納できる一方で、所定の位置を決めておかないとどこに収納したのか分からなくなってしまいます。また、収納しやすいからこそ物が増えてしまいがち。広いと言えどしっかりものの管理や定期的な整理整頓は必要です。


・照明が必要になる

人が中に入れるメリットがある点、窓がない部分に設置を考えている方は、奥行きあるウォークインクローゼットの場合は暗くて見えづらくなります。何をどこに収納しているのか管理をするためにも照明器具は欠かせません。



ウォークインクローゼットを設置することは便利と感じる反面、ご家庭の収納量に応じたスペースも確保しなければならず費用もかかります。また、お子様との共同でのスペースをお考えの際は将来のプライベート確保の点で、ウォークインと個室のクローゼットを用意する、将来的に個室に収納が作れるよう広めの個室を計画するなど工夫が必要です。




2.ウォークインクローゼットのおすすめ設置場所は?


2.ウォークインクローゼットのおすすめ設置場所は?

■寝室に隣接 ウォークインクローゼットの最も一般的な場所です。寝室と隣接して設置すれば、朝起きてすぐに着替えることができます。ウォークインクローゼット内に着替えるスペースがなくても、寝室で着替えるのであれば他の家族の目を気にする必要がありません。また、子供部屋と隣接すればお子様の収納もまとめることができるためその分部屋のスペースを広く確保することも可能です。

■洗面所に隣接 ウォークインクローゼットが洗面所に隣接している場合、着替えてすぐに洗顔やメイクなどの身支度を行えます。反対に帰宅後も洗面室に入りすぐに着替えられます。特に女性に好まれる間取りです。お子様が小さいご家庭で忙しい時もすぐに着替えを取り出せたり、便利です。

■廊下に隣接 廊下から出入りできるようにウォークインクローゼットを設置すれば、家族の生活リズムが異なっても気兼ねなく使用できます。入口を個室からと廊下側からと用意する方もいらっしゃいます。

■玄関に隣接 玄関に隣接した場所にウォークインクローゼットを設置する間取りも人気の間取りです。帰宅後すぐに靴を脱ぎ着替えてリビングへ、外出時はウォークインクローゼットでコートをはおりそのまま外出するという一連の動作が完結しやすくなります。玄関にウォークインクローゼットを設置する場合は、シューズクロークと併設して計画することが多いです。


3.ウォークインクローゼットを計画するときの注意点


3.ウォークインクローゼットを計画するときの注意点


■ただ広さを確保するのはNG!収納予定の物を想定し、広さを決める

まず第一に大切なことが、どれだけ収納する物があるのか明確にすることです。ウォークインクローゼットは広いスペースを確保できますが。ただ広くしてしまうとどんどんと物が増え、かえって物で溢れてしまいます。逆に、しまうものを想定していないと「収納スペースが足りなかった」、「半端にスペースが余ってしまう」「他の居住スペースが想像以上に狭くなってしまった」という事態が起きます。そうならないように、まずは現状持っているものを把握し何を収納するのか、新しい住まいでのライフスタイルで何を入れていくのかを考え寸法を決めていきましょう。収納方法にもよりますが、洋服を吊るす場所の幅を50~60㎝、通路幅を60㎝ほどは確保する必要があります。夫婦2人なら約2畳、夫婦+子どもなら約3畳と、1人1畳ほどが必要となる広さの目安です。


■湿気対策をする

ウォークインクローゼット内は窓がない場所に設置することも多く空気がこもりやすいです。こまめに換気を行わなければいけません。空気がこもると湿気がたまり、カビが生える原因ともなります。できるだけ湿気がたまらないように、窓の設置や除湿器の使用、換気システムの導入を併せて検討しましょう。除湿器やサーキュレーターを使用する際はコンセントも必要になります。コンセントを取り付けておくと、アイロンや衣類スチーマーなども使用できるのであると便利です。湿気対策としてウォークインクローゼットに扉を設けないというのも1つの手段です。目隠しをしたい場合は、別でカーテンやロールスクリーンを取り付けると良いでしょう。


bottom of page