top of page

【教えて!】私に合うのはリフォーム?リノベーション?


【教えて!】私に合うのはリフォーム?リノベーション?

新しい住まいを考える時、1番は戸建てかマンションか?2番目に新築かリフォーム、リノベーションで悩むかたが多いのではないのでしょうか?


工務店さんによってリフォームをしている会社さん、リノベーションをしてる会社さんそれぞれあり何が違うの?どんな人がどっちむき?と悩んでしまいすよね。

今回はリフォームとリノベーションの違いを見ていきたいと思います!ネットで会社さんを探す時などのお役に立ててください^^



目次


1.リフォームとリノベーションの定義


1.リフォームとリノベーションの定義

まずはリフォーム、リノベーションの定義を見てみましょう


⚫︎リフォームは「戻す」

英語のつづりで表すと「Reform」で、「改良、改善、刷新」という意味です。 一般的には「建物の老朽化した部分や建物全体を新築時の状態に回復させる」または「より使いやすいように改善・改良すること」がリフォームに該当します。

クロスや床の張り替えなどの小規模な工事や、設備の取り替え、外壁の塗り替えなどが主な施工内容です。

経年劣化によってマイナスの状態になった住宅を、新築時に近い状態に戻すような工事が行われます。また、既存の住宅に増築したり、バリアフリー化のため手すりをつけたり、といった工事もリフォームに分類されます。


⚫︎リノベーションは「価値を加える」

「リノベーション」では住まい全体を一新して、以下のような大規模な工事を行います。

● 性能を新築状態よりも高める ● 建物に新たな付加価値を足す

英語の「renovation(刷新)」が由来で、リフォームがマイナスの状態からゼロにする工事なのに対して、リノベーションは住宅に新たな価値をプラスするようなイメージです。

リノベーション工事の内容には、建物を骨組みだけのスケルトン状態にして行う間取りの変更や、水まわりの配管移動などがあります。

中古住宅に大きく手を加えるときは、一般的にリノベーションに分類されます。



2.リノベーションとリフォームの現状

定義をお伝えしましたが、実際のところリノベーション、リフォームで明確な線引きがあるわけではありません。どちらかというと会社さんが「これはリノベーションです」「これはリフォームです」といったらそちら。というのが多いです。


なので見る人によってはこれはリフォームでは?と思うこともあります。「これはリノベションでは?」と思える規模の事例ももちろんあります。なのであまり名前に囚われすぎて会社さん選びをしてしまうと本当にあなたにマッチした会社さんに出会うチャンスを逃してしまいます。名前に囚われずますはいろんな会社さんのホームページや見学会に足を運んでみましょう^^



3.リフォーム、リノベーションの選択の仕方


リフォーム・リノベーションの選択

結論からいうと、どちらも調べてみて施工事例をみながらすきな雰囲気の会社さん選びましょう。まずは出来上がりをイメージに近いものに作ってくれている会社さんに相談ができることが一番です。


会社さんが遠いなどの理由があれば別ですが、内装はある程度センスや感性が必要です。このような感じにしてほしい!と写真を見せてやってもらうことも可能ですが、物件ごとに光の入り方、天井の高さなどすべてが違う中、コーディネートしていく時には全く同じに合わせても見え方がちがってきます。


やはり、好きな雰囲気の事例がある会社に直接に相談に行けるのが理想です。


一体これはリフォームなのか?リノベーションなのか?は大きな違いになりません。まずは実際の住まいベースで会社さんを選んでいきましょう。それがリフォームと名のつくものでしたらリフォーム、リノベーションだったらリノベーションがあなたにあった住まいのタプになります^^



4.まとめ

今回は基本のキになるテーマで考えてみました。リフォームリノベーションの違いは実際明確に線引きができなくなっているのが現状です。ただ、時代的にリノベーションという言葉がトレンドになっているので「リノベーション」という言葉を使う会社さんが増えています。


まずは

  1. 多くの会社の事例をみる

  2. 自分の好きな事例を作っている会社さんに相談してみる

  3. 信頼できると思える担当者さんに出会う

を意識していくと理想の住まいに近づいていけるのではないでしょうか?

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page