top of page

【壁紙の選び方】アクセントクロスで後悔しない!


【壁紙の選び方】アクセントクロスで後悔しない!

お部屋の印象をガラッと変えたい!と思った時にお勧めなアクセントクロス。

比較的手軽に空間の印象を変えられることから、リノベーションの人気の施工の1つとなっています。


けれど、いざ選ぼうとするとお部屋に合うのか?インテリアとの相性は?と完成がなかなかイメージできなくて選びきれない方も多いのではないでしょうか?


今回はアクセントクロスが空間に与える効果や色による印象の違いについてお話します。

是非参考にしてみてください


目次


1.アクセントクロスとは


アクセントクロスとは

アクセントクロスとは、お部屋の壁や天井の一部に違う色や柄の壁紙をいれて、お部屋にアクセントをつけることです。部分的に取り入れることで、インテリアを数多くおかなくても彩れたり、空間に奥行きがでて解放感が生まれます。ミニマリストやシンプルスタイルが好きな方には特におすすめです。


価格としても、国内メーカーのものであれば通常使用される白いクロスとほとんど変わらないため、気軽に取り入れることが可能です。


また、近年では傷や汚れがつきにくいものや、吸湿性が高いなどの機能性が優れたアクセントクロスも増えています。そのため、アクセントクロスを取り入れる際には、色やデザインだけでなく素材や機能面についてもチェックすることをおすすめします。



2.色が空間に与える効果


■暖色(赤、オレンジ、黄色など)

空間にぬくもりや明るさをもたらす色です。暖色は体感温度を高めたり、同じ距離であっても近く、大きく見えたりする効果があります。一方でインパクトが強く目に留まる色なので心を落ち着かせたい寝室や書斎、広さの小さい場所には不向きといえます。


■寒色(青、緑など)

爽やかさや涼しさ、落ち着きを与える色です。寒色は実際の距離よりも遠くにあるように見える効果があるので、空間を広く見せたい場所に使用すると良いでしょう。


■中間色(グレー、紫など)

中間色は、暖色と寒色の間の色のことを指します。双方のイメージを併せ持ち、周囲の色と調和しやすいところが特徴です。グレーテイストの色味は、どの部屋においても馴染みやすいので取り入れやすいです。


■ダークトーン

ダークトーンを用いるとシックで落ち着いた雰囲気にすることができます。かっこいい印象や高級感、重厚感を与えたい場合に特にお勧めです。しかし、ダークトーンは収縮効果があるので引き締まった印象になり、部屋を狭く感じさせてしまう効果がありますので使用場所には注意しましょう。


■柄物

柄物は単色よりも大きく印象を変えることができます。一方で飽きやすい、流行が出てしまう為年月が経つと時代を感じさせてしまうというデメリットもあります。



3.アクセントクロスを取り入れる際の注意点


アクセントクロスを取り入れる際の注意点

■インテリアテイストが固定される

アクセントクロスのデザインによって空間のイメージがある程度固定されます。将来的に好きなテイストが変わることや、アクセントクロスに飽きてしまう場合も考えられますので、初めはカラーアクセントで楽しむのがおススメです。


■使用面積

アクセントクロスを張る理想的な面積は部屋の壁面積の20〜30%程度と言われており、4枚ある壁のうちの約1枚分の大きさです。メインとなる場所の一面をアクセントクロスにするとまとまりがとれて失敗がないです。四面すべてにアクセントクロスを取り入れるのは落ち着かない空間になってしまうので避けたほうがいいでしょう。


■イメージと違う

実際に壁紙を貼って見たとき、カタログで見た時よりも色が薄い、濃いなどイメージと違う場合もあります。カタログ等に掲載されているサンプルでは実際の色や質感を正確に掴むのはなかなか困難ですが、薄いカラーより少し濃い色を選ぶと失敗しにくいです。薄いカラーは面積が大きくなるとより薄く見えてしまいます。


■家具や床の色とのバランス

元々ある家具のテイストや床のとのバランスを考えずに選んでしまうとイメージしていた空間と異なるものになってしまうこともあります。家具や床と同系色ならまとまりがある印象、補色ならビビッドで個性的な印象になり、全体のデザイン性を高めることができます。



4.まとめ

今回はアクセントクロスについてお話しました。アクセントクロスは、色や占める面積比率によっても空間のイメージは大きく変わります。何年たってもおしゃれに見える選び方としてはカラーの壁紙、お部屋に対して一面に取り入れるのがおススメです。


LDKや洗面スペースなど、部屋の一部に部分的に取り入れることができるので、リノベーションで取り入れやすい施工の1つです。柄物を入れたいときは水回りにいれて気分が上がる空間づくりをしてみましょう。

Comments


bottom of page